東急ハンズについて
Posted on: January 4, 2017, by : kichi

緑色の看板に手のマークといえば「東急ハンズ」でしょう。様々な種類の雑貨を取り扱う「東急ハンズ」は「ヒントを売る」ことにこだわりを持っています。コンビニや魚市場にはそれぞれ売りとするものがありますが、「東急ハンズ」の場合、何かを始めたい人にとって「きっかけ売り場」「発送の一歩目」にあたるのが「東急ハンズ」なのです。ヒントを組み合わせて作れば形に出来ないことはないのではないでしょうか。そんな無限の可能性を実現するのが「東急ハンズ」の魅力になるのです。

 

◇東急ハンズが多くの人に愛される理由とは。

東急ハンズは雑貨やインテリアなど雑貨屋さんとしての印象だけでなく、ホームセンターのようなマニアックな商品も多く販売されています。工具やパーツなども取り扱っているので、東急ハンズに行けば欲しいものが必ず見つかるというのもうなずけます。

見ているだけでアイディアが湧いてきますし、面白いアイディアが豊富なにも嬉しいですね。もともとは東急グループの東急不動産の傘下にある大都市を中心に展開するホームセンターとして作られました。今は東急グループのビルには東急ハンズが入っていますので、ビルの系列が見分けやすくなったのではないでしょうか。

 

◇東急ハンズの店舗にみる工夫とは?

東急ハンズはお客の視点になった時にどうすべきかを常に研究しています。

東急ハンズの店舗は、お客が見やすいように道幅が広い作りになっているので、時間をかけてゆっくりと見ることが出来るのが嬉しいですよね。

さらに、東急ハンズでは嬉しい取り組みがたくさんあります。

・店舗内に月替りのアンテナショップ「アンテナボックス」を設置

・期間限定の「トラックマーケット」が嬉しい

・一緒に作ることにこだわった「ハンズカフェ」

・東急ハンズの提案型店舗「ハンズビー」

などお客が求めるもののアイディアを出せるように、東急ハンズならではの工夫がたくさんあります。オリジナル商品などもあり、日本製で安全なものを提供しています。

 

東急ハンズは、利用者の目線に合わせた工夫が盛り沢山です。店舗に訪れるだけで、新しい発見や気付きを得ることが出来るのが東急ハンズならではの魅力でしょう。時間に余裕がある時にふらっと立ち寄ってみると新しいアイディアが浮かんでくるので、何度来ても飽きる心配がありません。都内には雑貨屋さんがたくさんありますがコンセプトが全くことなるので、東急ハンズはまた違った楽しみ方を提案してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *